ですとぴあ*の研究所

100%趣味で書かれたブログです☆

これは気を付けたい!自作パソコンでよくあるミス!!

f:id:dystopi4:20161227063150j:plain

実際に僕もやってしまったミスも書いています。(苦笑)

さすがに画像のようなミスはないと思いますが、細かいミスが結構響いたりします。

是非、一度目を通していただきたいと思います!

これは気を付けたい!

静電気?ナニソレ?

自作パソコンのパーツには静電気に弱いパーツが多いです。

「バチッ」とやってしまえば、もうおしまい。

特にメモリが弱いので注意しましょう!

僕の行った静電気対策
  1. 加湿器をつける
  2. 静電気の発生しにくい服装に着替える
  3. 水道で手を洗う
  4. 近くの金属に触れる
  5. 接続端子部・ピンなどには触れないようにする
  6. 作業中も適度に金属に触れる

IOパネルを付け忘れる

本来はケースにマザボを設置する前に付けるのですが、うっかり忘れてしまうことがあります。(笑)

「向き」も確認してくださいね!

CPUを落としてしまった...

落としてしまったら交換はしてもらえません!

 

裏面に触れないように持つことは大切ですが、それを意識しすぎて落としてしまえば元も子もありません!

最善の注意を払いましょう。

CPUの設置方法を間違える

CPUは「カチッ」とはめるものではありません!

そっと置くだけ。

 

置いた後に「あれ?合ってないないかも?」と、

CPUをガリガリ動かしたりしちゃうのは絶対ダメです!

 

方向だけ確認してください。▲の矢印があると思います。

グリスを塗り忘れる

これはあまりないかもしれませんが、僕これやってしまいました。

もちろん、途中で気づいて塗りなおしましたが...。(苦笑)

 

あ、グリスを塗ってからCPUクーラーを付けるまでに、あまり時間をかけてはいけませんよ?

まぁ、そこまで気にする必要はありませんがね。

ネジをなくす

基本的には「インチネジ」と「ミリネジ」の2種類ですが、

使用するとき以外は袋か何かに入れておきましょう。

袋に何のネジか書いておくのも良いと思います。

 

すぐに見失ってしまいますから。

ネジをきつく締めすぎる

ついきつく締めてしまいがちですが、最悪マザボが割れたりするので気を付けましょう。

 

ただ、逆に緩いと地震などの際に大惨事になる可能性もありますので、

きつすぎず緩すぎずです!

 

ちなみに僕のマザボのネジはきつすぎて外せない状態です。(´;ω;`)

パーツがケースに入らない

CPUクーラーやグラフィックカードでよくあります。

また、CPUクーラーが大きい場合メモリが挿せないというケースもあります。

しっかりサイズを確認してから購入しましょう!

パーツが最後まで挿せていない

力を入れるのが怖くて、パーツ(特にメモリ)が中途半端に挿されている事があります。

起動する前に、もう一度確認しましょう!

 
組み立て終わった後で間違いを見つけた場合

必ず、電源を完全に切った状態でいじってください。

必ず、です!

力を入れるところ、入れないところ

CPUやメモリ、PCIE関連はとにかく丁寧に慎重にです。

ただ、メモリは多少力が必要かもしれません。

先述の通り、中途半端に挿さっているケースがあります。

レバーが戻っていることを確認しましょう。

 

力が一番必要だと感じたのはケーブルの接続です..。

基本「カチッ」って鳴ると思います。

これも、起動する前に確認しましょう!

 

とりあえず大事なのは、

少しでも「おかしいな?」と感じたら、何か間違っていないか確認することです!

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

あと、3つだけアドバイスをさせてください。

 

1. ケーブル配線後の僕の指の皮はボロボロでした。

持つ部分が固いのに力を入れる必要があったからです。

薄めの手袋か何かがあればいいと思います!

 

2. ネジは対角線上で少しずつ締めていきましょう!

 

3. どうしても分からなくなったら、知恵袋などで質問しましょう!

 

以上!

では、健闘を祈ります!!!