ですとぴあ*の研究所

100%趣味で書かれたブログです☆

ウルトラワイドとデュアルディスプレイを使い比べてみて分かったこと。

f:id:dystopi4:20180105215405p:plain

以前までは34型のウルトラワイドディスプレイ使っていたのですが、

最近24型のデュアルディスプレイへと変更しました。

 

そこで今回は、使い比べて分かったそれぞれの良さなどをお話しようと思います ♪

それぞれの良い所

ウルトラワイドディスプレイ

横長で使うほとんどのアプリが見やすく、そして使い易くなります。

より横幅が広くなるため、アプリ内のサイドバーやメニュー等のタブも余裕を持って表示させる事が可能となります。

 

特に動画編集や音楽制作等で便利なのではないかと思いました。

 

・1つの大きな作業に集中するには最適です。

デュアルディスプレイ

複数のアプリを同時に使う場合はコチラの方が便利です。

切り替えが必要なタブも常時表示させていられますし、

それぞれに違うアプリをフルスクリーンで表示させる事もできます。

 

・複数の作業を同時進行するのに最適です。

 

※サブをPS4などのゲーム機用として使う事も可能です!

価格の違い

ウルトラワイドディスプレイ

価格:約22,000円~約100,000円

 

大きな価格差の理由は"湾曲か否か"です。

 

通常は横長になるだけですが、湾曲ディスプレイはユーザーを包み込むようになっています。

10万円前後になってしまいますが、没入感がより高まりとても集中できますよ ♪

デュアルディスプレイ

価格:約25,000円~約180,000円

 

解像度やパネルの種類、サイズによってこちらも大きく変わります。

発色の違いはありますが、

安い=悪い

ではなく

高い=綺麗

ですので、低価格で揃えることも可能です。

デュアルディスプレイはいくつか欠点がある

1. 広いスぺースが必要

横に並べようと思うと24インチでもかなりの幅が必要で、2台目のスタンドを置くスペースが無かった僕はモニターアームも買う必要がありました。

 

こればかりは仕方ありません。

2. 発色の違いが気になる

別の製品だと(特にパネルが違うと)発色の違いが目立ちます。

輝度や色温度の設定で合わせるのに少し苦戦しました...。

 

発色の違い以外にも"画面と画面の堺"が気になるため、フレームレスの同じモデルを2台揃えることが理想です。

まとめ

価格にあまり差はありません。

それぞれに違う良さがありますので、是非用途に合わせてお選び下さい ♪

どちらも目への負担は少し大きくなるのでご注意下さい!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。