ですとぴあ*の研究所

100%趣味で書かれたブログです☆

【保存版】ロードバイクと一緒に買うべきアイテム

f:id:dystopi4:20170120202245j:plain

ロードバイク自体とても高価ですが、アクセサリーでも数万円かかっちゃうんですよね...。

かといって、安全対策を怠ってはいけませんよ!

 

今回は、走行からメンテナンスまで必要なアイテムを全てまとめてみました!

僕のオススメ製品を画像に使っています。気になれば是非ご確認下さい。

※画像をクリックすることでAmazonの商品ページに飛びます

走行に必要なアイテム

ヘルメット

価格

約4.500円~15.000円

コメント

一番重要なアイテムですね!

OGK Kabutoの製品がオススメ!

日本製ですから装着感が凄く良いです!

ヘッドライト

価格

1.500円~15.000円

コメント

暗い夜道をよく走るなら、高価ではありますが光が強い製品を選びましょう。

逆に、滅多に走らないなら安い製品でも問題ありません。

初めは安い製品を買って、光が足りなければ増やすという手もあります。

テールライト

価格

約1.000円~約3.000円

コメント

反射板でもいいですが、安全の面を考えるとこちらの方がいいでしょう。

ボトル

価格

約2.000円

コメント

ボトルはこの製品がオススメ。

理由は、何より「飲みやすい」から。

ただ、保冷力を優先するなら別の製品を選んでもいいかも。

※ボトルゲージに「ペットボトルカバー」を付けるという手もある。

ボトルケージ

価格

約1.000円

コメント

デザインでこの製品を選びましたが、今の所問題なく使えています。

基本、何でもいいと思いますが評価の高い製品がいいでしょう。

2つあると便利。

バーエンドミラー

価格

約1.000円~2.000円

コメント

ロードバイクでは車道を走ります。

後ろから来ている車を確認するためにいちいち振り向かないといけないのですが、

これがあればチラッと下ハンを見るだけで済みます。

安全性も上がりますしね!

サングラス

価格

2.000円~30.000円

コメント

付けない人も結構いますが、僕は付ける派の人です。

選び方としては、〝ズレない事〟これが一番大事です。

 

画像の製品は「ロードバイク用」に作られた製品です!

グローブ

 

価格

約1.500円~5.000円

コメント

これは冬向けのモデルです。

こればかりはお店で実際に付けてみないと分かりませんが、

国内メーカーの製品が一番フィットしました。

ツールケース

価格

約1.000円~2.000円

コメント

ボトルケージに入れるタイプです。

これに、走行中にパンクやトラブルが起きた際に使うツールを入れておきます。

サドルバッグ

価格

約1.000円~5.000円

コメント

夏場などボトルを2本使いたい場合や、たくさんの荷物(道具)を入れたい場合は

ツールケースではなくこちらを使います。

が、見た目は悪くなります。(笑)

ツールケース(サドルバッグ)に入れるアイテム

タイヤレバー

価格

約300円~500円

コメント

ホイールからタイヤを外すときに使います。

この製品が使いやすくてオススメ。

予備チューブ

価格

約600円~1000円(1本)

コメント

どのメーカーでも当たり外れがあるようですが、

この製品では今の所ハズレは引いていません。

耐久性も問題なさそうです。

パッチ

価格

約300円

コメント

予備チューブがあればそちらを使いましょう。

コレは楽ですが、耐久性はあまりありません!

応急処置として使用しましょう。

六角レンチ

価格

約600円~2.000円

コメント

ロードバイクでは、「ドライバー」はあまり使用しません。

その代わりによく使うのが「六角レンチ」です。

後付けアクセサリー以外にも自転車本体の調整もコレです。

必須ですね。

ミニツール

価格

約2.000円~3.000円

コメント

チェーンを切るために使います。それ以外に使う事はほぼない。

 

チェーンを切るというのはかなり嫌な事態ですが、

まだ使った事は無いですね!(←そんなに乗ってない)

CO2ボンベ

価格

約1.500円

コメント

携帯ポンプより断然楽ですが、リスクもあります。

↓ を参考にしてください。

遠出するなら携帯ポンプも持っていきましょう!

携帯ポンプ

価格

約1.200円~2.500円

コメント

フットステップ付きの携帯ポンプです!

ただ僕の場合、フレームが四角だったので取り付けられませんでした。

確認しておくべきでしたね(泣)

小型のもオススメ!

自宅でのメンテナンス用アイテム

空気入れ

価格

約2.500円

コメント

気圧メーターが付いている事はもちろん、仏式以外にも使える万能ちゃん。

とりあえず、「気圧メーター」と「仏式」に対応している事が必須条件です。

※ロードバイクでもたまに仏式でない場合があります。

スタンド

価格

約1.000円~2.000円

コメント

普段は、壁などに立てかけておけばいいのですが、

メンテナンス(主にチェーン)をする際に便利です。

逆に無いと難しい気がします。

チェーンクリーナー

価格

約600円~2.000円

コメント

安い製品でも十分に効果はありますが、

満足出来なければ高い製品を試してみるのも良いと思います!

チェーンルブ

価格

約600円~2.000円

コメント

こちらも同様に安い製品でも十分な気がしますね。

オールメンテナンスセット

価格

約2.000円

コメント

使った事は無いのですが、かなり便利そうです☆

いつものサイクリングに更なる楽しみを...!!

サイクルコンピューター

価格

約1.500円~65.000円

コメント

今何キロくらい出ているのか?
どれくらいの距離走ったのか?

絶対に気になります!そんな時にコレ

高価なものだと地図まで表示されちゃいます!

三本ローラー

価格

15.000円~60.000円

コメント

3本ローラーについては是非Amazonの商品レビューをご覧下さい。

初心者さんからベテランさんまで、いろんな方の感想が書かれています。

興味が出たら買ってみても良いと思います!

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回書かなかった「服装」についてですが、初めはなんでもいいと思います。

常にぴちぴちのを着る必要は無いと思うんで!

では失礼します。(⌒ー⌒)ノ