ですとぴあ*の研究所

100%趣味で書かれたブログです☆

【Galaxy S8発表!!】iPhone 7完敗!新世代の最強スマートフォンが誕生してしまった...。

f:id:dystopi4:20170403120324p:plain

日本にはたくさんのiPhoneユーザーがいます。

たくさんの人がその美しいデザイン・最先端の技術に惹かれ、便利さの虜になります。

ゲームをする人にも写真を撮る人にも全く不快のない高スペックを誇っていました。

 

しかし、とうとう誕生してしまいました。

最強のスマートフォンが...。

では、じっくり紹介していきます。

もうタブレットも不要。

ディスプレイの面積が広すぎるんですわ。

f:id:dystopi4:20170403120237j:plain

前面ボタンの廃止

iPhoneで言うホームボタンが無くなりました。

iPhoneでも噂は流れていたのですが、先にGalaxyが採用しました!

これによりディスプレイの面積が広くなり、写真・動画・ネット・ゲームがより大画面で見ることができるようになりました。

これは非常に大きな事で、わかりやすく言うと

iPhone7 Plusより小さなボディなのにiPhone 7Plusより大きなディスプレイがある。

という事。

 

また、ボタン廃止に伴いiPhone同様、感圧センサーが搭載されたようなのですが、iPhoneよりも優秀なんだとか...!!

サイズ表

iPhone 7:4.7インチ(67.1(W)138.3(D)7.1(H)mm)

Galaxy S8:5.8インチ(68.1(W)×148.9(D)×8.0(H)mm)

 

iPhone 7Plus:5.5インチ(77.9(W)158.2(D)7.3(H)mm)

Galaxy S8+:6.2インチ(73.4(W)×159.5(D)×8.1(H)mm)

はい。

で、気付いた方もいるであろう縦横比ですね。

iPhone 7が16:9なのに対しGalaxy S8は18.5:9になっています。

なのでかなり縦長ですね。

ですが、これは悪い事ではありません。

縦幅が増えてもデメリットは少ないですが、横幅が増えると持ちにくいからです。

Edgeにしている効果も薄れてしまいます。

解像度と有機ELディスプレイ

iPhone 7:1,334 x 750ピクセル解像度(326ppi)

Galaxy S8:2960×1440ピクセル解像度(570ppi)(有機EL)

 

iPhone 7Plus:1,920 x 1,080ピクセル解像度(401ppi)

Galaxy S8+:2960×1440ピクセル解像度(529ppi)(有機EL)

こんな感じですね〜。

Galaxyの方が解像度が高いのはもちろん、有機ELディスプレイを採用しているので断然きれいです。 

カメラ

〜フロントカメラ〜

iPhone 7:7MP F2.2

Galaxy S8+:8MP F1.7

 

〜メインカメラ〜 

iPhone 7:12MP F1.8

Galaxy S8+:12MP F1.7

まず、内側カメラから。

8MPでの撮影に対応し、よりきれいな自撮り画像が撮れるようになったのですが、やはりiPhoneとの一番の違いがF値ですね・・・。

メインカメラ同じ明るさで撮影できちゃいます...!!

そして画角の違いもあります。iPhone 7と比べ3人以上での自撮りも楽にできます。

AF(オートフォーカス)機能がついた事も大きいですね!

 

次にメインカメラ。

スペック的に特に進化はありませんでしたが、ソフトウェア面でいろいろ新しく増えました。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

比較動画

これは、S8ではなくS7での比較動画です。

 

フロントカメラ・メインカメラの両方での比較がされています。

動画を見ていただければ分かるのですが、差は一目瞭然ですよね。 

 

また、気になったであろうAFの速度です。

なんとS7はCANNON EOS 70Dより早いという検証結果まで出ています。。。

さすがに遅くなっているという事はないと思うので、同じだと思っていいと思います。

虹彩認証

これはS8になってからの新機能!

 

虹彩のパターンは指紋同様固有のものなので、プライバシーを守るためにはとても安全で楽です!

 

他にも

「顔認証」「指紋」「パターン」「パスワード」「PIN」の方法でロックの設定ができます。

その他

通信速度の向上

Galaxy S8とS8+はGigabit LTEとGigabit Wi-Fiに対応。Wi-Fiは1024-QAMをサポートしています。以前のモデルに比べてダウンロード速度が最大約20%も向上。

引用元:Galaxy S8公式サイト

という事で、Wi-Fi(802.11ac準拠)よりも通信速度が最大約20%向上しているようです。

ゲームや、クラウドサービスからの大容量ファイルのダウンロード速度も気にならないでしょう!

外部接続端子

今までのモデルでは「micro usb」でしたが、とうとう変わりました。

採用された「Type-C」の特徴ですが、上下どちらの向きでも差し込みできます!

Appleでも新型Macには採用されています。

メモリ・バッテリー・重量・防水、防塵

iPhone 7:2GB

Galaxy S8:4GB

 

iPhone 7:1916mAh(Plus:2900mAh)

Galaxy S8:3000mAh(+:3500mAh)

 

iPhone 7:138g(Plus:188)

Galaxy S8:155g(+:173g)

 

iPhone 7:IP67

(一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸かっても有害な影響がない)

Galaxy S8:IP68

(連続的に水中に置いても有害な影響がない。水没の条件については製造者が規定する。原則的に密閉構造であること)

 

では、バッテリーに関してひとつ。

S8はS7と比べバッテリー容量が抑えめになっています。

原因はもちろんNote 7の発火事件ですね。

ですが、安心して使えるようになりますし、CPUの消費電力も下がっているので大丈夫かと思います。

スペック詳細

(記事最下部に書かれています。)

並行輸入品(Amazon)

まとめ

僕が新型iPhoneに望んでいたいたもの全てが入っている無敵の存在。

気になる価格ですが、まだ国内発売がされていないので分かりません!

予想価格は以下の通りです。

S8が約80.000円~約100.000円

S8+が約90.000円~約110.000円

 

まぁ、妥当と言っていいのではないでしょうか?

iPhoneと比べれば、このスペックでこの値段なら安いと言ってもいいくらいです。

 

また、本文では書きませんでしたが、Siri的な新型AIも搭載しているようです。(日本語未対応)

他にもワイヤレス充電に対応していたりします。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

とりあえず国内発売を待ちます!

では、失礼します。(⌒ー⌒)ノ