ですとぴあ*の研究所

100%趣味で書かれたブログです☆

たくさんの有名なゲーム実況者さん達が使っているマイクを紹介します!

f:id:dystopi4:20170310004903j:plain

マイクにはたくさんの種類の製品があり、どれを買えばいいのか分かりませんよね。

最近はYouTubeなどに動画投稿をする事に対しても興味を持つ方が増えてきている様ですし、その参考にでも見ていってください!

 

まずはマイクの種類から紹介します☆

マイクの種類

・ダイナミックマイク

 と

・コンデンサーマイク

が存在します。

では、この2種類、どこが違うのか?

ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの違い

ダイナミックマイク

ライブやカラオケなどで使用される場合が多いです。

コンデンサーマイクと比べ比較的安値で丈夫ですが、高音がややこもってしまいます。

コンデンサーマイク

歌やラジオのスタジオで使用される場合が多いです。

音質は非常に良いのですが、湿度や衝撃に弱いとデリケートで繊細なマイクです。

 

詳しくは↓↓↓

指向性

・単一指向性マイク

・無指向性マイク

接続方式

・USB

・3.5mmステレオミニプラグ

・XLR

一番多くの実況者に使われているマイク!!

SONY ECM-PCV80U

ソニー SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン PC向けボーカルマイク USB接続対応 ECM-PCV80U

Amazonで購入する

価格

約3.400円

接続方式

3極ミニプラグ(3.5mm)・USB

紹介

最高のコスパの良さです!

実況動画などであれば十分の音質で、接続方式が3極ミニプラグとUSBとで選べたり、

ON/OFFのスイッチが付いていたりと便利です。

初心者の方はこのマイクを使用する方が非常に多く評価も高い製品です。

音質に少しこだわりたいという方が使用するマイク!

Blue Microphones Yeti

【日本正規代理店品】Blue Microphones Yeti - Blackout マイク USB 高音質 2070

Amazonで購入する

価格

約16.800円

接続方式

USB・(pro版はXCR)

紹介

このマイクを使っている方もちょこちょこ見ます。

また、同じBlue Microphones社製の別のモデルを使用している方もいますね!

本製品は4つのパターンから録音モードを選択出来て、

レコーディングにも使用できるため、歌の演奏動画などにもオススメです!

接続方式がUSBなのでパソコンに直接接続する事が可能になっています。

何人もの有名実況者が使っている高音質マイク!

RODE NT1A

【マイク機材フルセット!!】Rode NT1A Anniversary Vocal Condenser Microphone Package ■並行輸入品■

Amazonで購入する

価格

約23.000円

接続方式

XCR

紹介

本格的なスタジオでも使用されるマイクです。

同社製のマイクアーム(PSA-1)と使用するケースがほとんどのようです。

有名な方で言えば「瀬戸弘司」さんや「みやゆう」さんが使っています。

また、新型のNT1を世界1のYouTuber「PewDiePie」さんが使用しています。

ノイズを最小限に録りたい音を最高の音質で録音できるのでオススメです。 

RODE コンデンサーマイク NT1 KitRode PSA1 プロフェッショナル・スタジオ・ブームアーム [並行輸入品]

NT1をAmazonで購入する】【PSA-1をAmazonで購入する

このマイクには「オーディオインターフェース」が必要です

Roland QUAD-CAPTURE UA-55

Roland ローランド オーディオインターフェイス QUAD-CAPTURE UA-55

Amazonで購入する

オーディオインターフェースとは?

簡単に言うとパソコンに接続する音声信号の出入り口になる機器のことです。

確かにパソコン自体にもマイクやスピーカーのマークがついているジャックが備えられています。

パソコンに標準装備されているサウンドの入出力は録音も再生も可能です。

(引用元:ニコニコ道具箱

接続方式がUSBや3.5mmステレオミニプラグならパソコンに直接接続する事が可能なのですが、XCRコネクタの製品には必須となります。

まとめ

もし、あなたがこれから動画投稿を始めてみようと言うのであれば最初に紹介したSonyのマイクがオススメです。

また、歌を録音するのであればBlueやRODEのマイクがいいと思います!

情報に間違いは無いと思いますが、ご自身でも確認した上で購入してください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、失礼します。(⌒ー⌒)ノ