ですとぴあ*の研究所

100%趣味で書かれたブログです☆

【レビュー】「Pixio PX276」無敵のスペックで出色の安さのゲーミングディスプレイをご紹介!

f:id:dystopi4:20180801191938p:plain

ゲーミングディスプレイを選ぶのはとても難しいものです。

様々なスペックのモデルが各メーカーから発売されるためその中から1つの製品を選ぶのは大変...。

 

そこで、今回ご紹介するのは"安くて高スペック"つまりコストパフォーマンスの優れたゲーミングディスプレイです。

しかし、タイトルの通り生温いものではありません!

他製品とは一味違う魅力をご紹介していきたいと思います♪

Pixio PX276

f:id:dystopi4:20180801190727j:plain

価格

税込39,960円

スペック

表示する

・27型(2,560×1,440ドット)
・TNパネル
・最大リフレッシュレート:144Hz
・視野角:170°/160°
・輝度: 250cd/㎡
・コントラスト比1000:01:00
・応答速度:1ms
・Free Sync
・DVI ×1、HDMI ×1、Display Port ×1、SPK ×1

紹介

PX276モニターはすべてのゲームに必要な要素を盛り込んだ27インチベゼルレスモニターです。 2560x1440p WQHD(Wide Quad High Definition、2k)ディスプレイは、驚くほど鮮明なビジュアルを提供します。スリムなベゼルレスデザインは、艶消し加工で仕上げられています。 144Hzの高速リフレッシュレートにより、水の流れのように滑らかでシームレスな体験が得られます。適応型同期テクノロジー(FreeSync, Adapted Sync, 30~144Hz)と1msの応答速度は、最高のパフォーマンスを発揮する最高のゲーム体験を提供します。ちらつきや入力遅れ、画像も鮮明になり、全てのゲームを最大限楽しむことが出来ます。

(引用元:Pixio Japan

開封

f:id:dystopi4:20180807155254j:plain

真っ赤な箱でまるで高級ブランドかのよう!ですが、この製品の魅力はコストパフォーマンスにあります。

 

一般的に人気でゲームの大会等でも採用されているのは24型(もしくは27型)です。

24型が人気の理由は高スペックの製品且つ低価格な製品が多いという部分にあるのでしょう。

 

ディスプレイサイズが大きくなってしまうとどうしても価格は上がってしまいますし、

解像度もFull HD(1920×1080)が最もメジャーです。

 

しかし!今回ご紹介する製品は...

27型で尚且つFull HDのワンランク上のWQHD(2560×1440)です!!

 

そして....

価格がとても安いんです!!(税込39,960円)

 

[27型, WQHD, 144Hz, 1ms, Free Sync搭載]

ゲーミングディスプレイを選ぶ際に重視するポイントは全て文句なしの性能となっています!

付属品

f:id:dystopi4:20180810032220p:plain

付属品はシンプルでケーブル2本スタンドマニュアル等の書類でした。

スタンドはかなりコンパクトでしたが、-5°〜15°までのチルト機能に対応しています。

 

また、本製品はVESA規格にも対応しているのでディスプレイアームに取り付ける事も可能です。

f:id:dystopi4:20180813011742j:plain

付属するケーブルは電源ケーブルと144Hzで映像出力できるDisplayPortケーブルです。

また、ケーブルは付属しませんがHDMI, DVI, オーディオ端子用のポートがあります。(HDMI2.0接続でも144Hz動作が可能)

 

ディスプレイの組み立てはとても容易で、10分かからずに設置できました。

レビュー

大型 & 高解像度の魅力

ずっと24型に慣れていた事もあって、大画面&高解像度の良さに気付きました。

27型ディスプレイのWQHD, 144Hz映像はとても美しく、大迫力です。

 

WQHDは人気が無いのか製品数が少なく、店頭でもあまり見ませんが適度に作業範囲が広がり映像はより繊細なものになります!

(実は4K程の高解像度となると、文字が小さかったりPCの性能が追いつかなかったりと、不便な点も出てくるんですよね...。)

 

そして、3辺ベゼルレス且つ薄いスタイリッシュなデザインに惹かれました。

今使っているディスプレイと比較してもベゼルの幅にこれほどの差があります。

f:id:dystopi4:20180810042554p:plain

少し見づらいかもしれませんが、それぞれを2台並べるとその差は歴然になるものです。

それにベゼルレスだとマルチディスプレイ時の没入感がぐんとアップします。

144Hz 1ms Free Syncの魅力

一般的なディスプレイ(60Hz, 5ms)と並べてに比較してみましたが、想像以上に差がありました。

文章で伝えるのは難しいですが、映像がヌルヌル動き残像も全く気になりません。

 

「同じ性能のPCでここまで違うのか!」と最初は驚いたものです。(笑)

1度慣れてしまうともう元には戻れません!

様々な機能

f:id:dystopi4:20180810042931j:plain

こちらはディスプレイの右下から撮影した写真です。

5つのボタンがあり、右から電源閉じる(戻る)ボタン上下ボタンメニュー(選択)ボタンです。 

メニューボタンからは画質や輝度などのディスプレイの設定が行えるようになっています。

全てとなると長くなってしまうので、今回はその一部をご紹介します!

Free Sync

f:id:dystopi4:20180813011859j:plain

AMD社の技術で、対応するGPU使用時に映像のティアリングやチラツキを抑えてくれるというもの。

特に3Dゲームで効果を発揮してくれます。

Gaming Ready

f:id:dystopi4:20180813012041j:plain

FPSやRTSに便利な機能で、十字オーバーレイ機能「LoSホットキー」やタイマー機能「CONTROL TIME」が搭載されています。

また、画質(色合い)は自由に変更できるようになっていますが、プリセットとして「FPS向け」や「RTS向け」、「ムービー向け」などが用意されており、簡単に切り替えられるようになっています。

 

また、長時間使用する際のサポート機能「EYE SAVER MODE (BLUE LIGHT CONTROL)」もあり、好みのブルーライトの強さに変更する事が出来ます。

数日間使ってみて

とても満足しています!

ここまででこの製品のスペックの高さは伝わったと思いますが、この価格が決めてになりますよね ♪

 

まだ全ての機能を使いこなせているとは言えませんが、画質のプリセットやブルーライトカット機能はとても便利で重宝しています。

品質は大丈夫なの?

大丈夫です。

公式サイト, Amazonにて販売されていますが、1年間のメーカー保証が付いています。

また、万が一の初期不良にももちろん対応して頂けます。

 

使用してまだ2週間程度ではありますが動作不良等は起こっていませんし、品質を悪いと思ったこともありません。

まとめ

長くなってしまいましたが、魅力は伝わりましたでしょうか?

候補はたくさんあると思いますが、是非今回ご紹介した「Pixio PX276」も視野に入れて頂ければ嬉しく思います ♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

(提供:株式会社KODAWARI)

(画像引用元:Pixio Japan