ですとぴあ*の研究所

100%趣味で書かれたブログです☆

Logicool G403 レビュー (Razerマウスとの比較あり)

f:id:dystopi4:20190331154444j:plain

最近発売された『Razer DeathAdder Elite』と本製品で迷っていたのですが、現在使っている『Razer Manba TE』と大差なかったら嫌だなと思い、こちらを選んでみました!

 

今回はロジクールの人気ゲーミングマウス『Logicool G403』のレビューです。

比較しての感想なども書こうと思っています。

Logicool G403

参考価格

約5,000円

仕様

表示する

・タイプ:有線
・ボタン寿命:2,000万回
・トラッキング:200〜12,000DPI
・トラッキング速度 / 加速度:300IPS / 40G
・ボタン数:6つ
・重量:90g

紹介

レビュー

持ちやすさ

f:id:dystopi4:20170102003350j:plain

まず、一目瞭然ですが形状が大きく異なります。

ロゴの位置に注目して頂ければ分かる通り、G403はお尻の位置が高いんです。

 

Manba TEがマウスに手を載せるという持ち方なのに対し、G403は包み込むように握るという持ち方になりました。

正直好みで分かれますが、個人的にはG403の方がフィット感が良く好きでした。

 

クリック感

Manba TEと比べて軽いです。

程よいクリック感があり連打もしやすく、文句なしです。

サイドボタン

f:id:dystopi4:20170102003554j:plain

Manba TEと比べサイズが大きく、そして出っ張っています。

また、クリック感が強いため意図せず押してしまうことは無いでしょう。

ホイール

Manba TEが「ガラッガラッ」と回転するのに対し、G403は「ぬるぬる」と回転します。

しかし、緩い訳ではなく1回1回止められるので程よいです。

 

サイドスクロールが無い事だけは残念ですが...。

RGBライト

f:id:dystopi4:20190302022924j:plain

「ロゴ」「サイド」「ホイール」の3点が光るのManbaに対して、G403は「ロゴ」「ホイール」だけです。

そして、G403のホイールのライトはあまり目立ちません。

ライトニング機能はManbaが優れていました。

G403のその他の良い点

・センサーが優れている。

(詳細は4gamerさんの記事参照

・10gの重りが付いている。

(好みです。僕は付けた方が安定する気がしたので付けています)

・素材が良い。

(安っぽくない)

実際にゲームで使ってみて

まず、クリック(連打)のしやすさです。

特にFPSゲームでタップ撃ちを要する武器で差を感じました。

 

そして、精密なAIMが出来るようになりました。

マウスのフィット感が向上したからだと思います。

また、サイズも小さいので動かしやすくなったというのもあります。

まとめ

今ゲーミングマウスで迷っているのであれば、G403オススメです!

少なくとも、僕が今まで使ってきたマウスの中では一番気に入っています☆

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、失礼します。(⌒ー⌒)ノ