ですとぴあ*の研究所

100%趣味で書かれたブログです☆

【レビュー】「Pixio PX276」高スペックなのに目を疑う破格のゲーミングディスプレイを試す!

f:id:dystopi4:20190827013307j:plain

ついつい有名ブランドの人気モデルを選んでしまいがちなゲーミングディスプレイですが、今回ご紹介するのは高性能&高品質&低価格と三拍子揃った注目の製品です。

残念ながらまだ知名度は高くありませんが、ずば抜けた魅力があります!

是非ご確認ください♪

Pixio PX276

価格

税込39,960円

スペック

表示する

・27型(2,560×1,440ドット)
・TNパネル
・最大リフレッシュレート:144Hz
・視野角:170°/160°
・輝度: 250cd/㎡
・コントラスト比1000:01:00
・応答速度:1ms
・Free Sync
・DVI ×1、HDMI ×1、Display Port ×1、SPK ×1

紹介

PX276モニターはすべてのゲームに必要な要素を盛り込んだ27インチベゼルレスモニターです。 2560x1440p WQHD(Wide Quad High Definition、2k)ディスプレイは、驚くほど鮮明なビジュアルを提供します。スリムなベゼルレスデザインは、艶消し加工で仕上げられています。 144Hzの高速リフレッシュレートにより、水の流れのように滑らかでシームレスな体験が得られます。適応型同期テクノロジー(FreeSync, Adapted Sync, 30~144Hz)と1msの応答速度は、最高のパフォーマンスを発揮する最高のゲーム体験を提供します。ちらつきや入力遅れ、画像も鮮明になり、全てのゲームを最大限楽しむことが出来ます。

(引用元:Pixio Japan

開封

f:id:dystopi4:20180807155254j:plain

真っ赤な箱でまるで高級ブランドかのようですが、この製品の魅力はコストパフォーマンスにあります。

27型, WQHD, 144Hz, 1ms, Free Sync搭載

この贅沢なスペックで4万円未満という驚異の価格には驚かざるを得ません。

f:id:dystopi4:20190826235016j:plain

電源ケーブル, DisplayPortケーブル, スタンド, マニュアル等が付属しています。

本体には、HDMI, DVI, オーディオ端子用のポートが搭載されているため、パソコン以外にもゲーム機などの接続にももちろん対応しています。

f:id:dystopi4:20180810042931j:plain

ディスプレイの右下には5つのボタンがあり、電源のオン /オフや映像の設定が行えます。

後ほどご紹介する「Gaming Ready」機能等もこちらで設定できます。

f:id:dystopi4:20180813011742j:plain

かなりコンパクトなスタンドですが、-5°〜15°までのチルト機能に対応しています。

また、VESA規格にも対応しているのでディスプレイアームに取り付ける事も可能となっています。

とても薄型でデザイン性もとても良いです。

レビュー

大型 × 高解像度の魅力

筆者はこれまで24型を使っていたのですが、まずその迫力に感動しました。

単にサイズが大きいだけでなく解像度も高いので圧倒されます。

4Kになると文字が小さかったり、グラボへの負荷が大きかったりと多少問題も出てくるのですが、そのような事はありませんでした。

この価格の低さから多少の不安はありましたが、発色も良いのでパネルの品質も十分に良さそうです。

144Hz × 1ms × Free Syncの魅力

一般的なディスプレイ(60Hz)と比べて、映像が1秒間に倍以上も描きかえられるためヌルヌル動きます。 

「同じ性能のPCでここまで違うのか!」と最初は驚いたものです。

グラボの性能が良いだけじゃ意味が無いんですよね...。(笑)

また、1msというのも大きなポイントで、激しい映像でも残像が気になりません。

マルチディスプレイにもオススメ!

f:id:dystopi4:20180810042554p:plain

3辺のベゼルレスデザインも本製品の魅力です。

分かりづらい画像で申し訳ありませんが、某社の人気モデルと比較してもベゼルの幅に大きな差があります。

マルチディスプレイ時の没入感もグンとアップするので、複数の台数で使用する事にも向いています。

「Gaming Ready」機能も使いこなせば便利

f:id:dystopi4:20180813012041j:plain

FPSやRTS向けの機能として、十字オーバーレイタイマー機能が搭載されていす。

また、色合いも6種類のプリセットが用意されており、簡単に切り替えられるようになっています。

もちろん、自由に調節する事も可能です。

筆者はゲーム用のプリセット固定で使っていましたが、上手く使いこなせれば便利な機能です。

長時間使用する際には目の疲れを考慮しながらブルーライトの強さを調節する事も可能です。

どうしてこんなに安いのか

ずばり、仲介マージンや大量のマーケティングコストがカットされており、ユーザーに直接販売する事で実現されているようです。

そのため、決して製品の品質が低いという事はありません。(実際に使っていても体感しました)

最も懸念していたパネルの品質も良かったですし、特に不満点は見つかりません。

新モデル情報!※9/1追記

Pixio PXC243

価格

19,980円

スペック

表示する

・サイズ:24型(1,920×1,080ドット)
・パネル:湾曲VAパネル
・最大リフレッシュレート:144Hz
・輝度:250cd
・応答速度:3ms(GTG)
※詳細は商品ページをご確認ください。

紹介

湾曲パネルが魅力の製品です。

加えて144Hz駆動でありながらも、1万円台という驚異の価格です。

27型モデルもあります。

Pixio PX279RP

価格

37,980円 → 35,980円

スペック

表示する

・サイズ:27型(1,920×1,080ドット)
・パネル:TNパネル
・最大リフレッシュレート:240Hz
・輝度:400cd
・応答速度:1ms
※詳細は商品ページをご確認ください。

紹介

240Hz駆動が魅力の製品です。

価格改定されて更に安くなった注目のモデルです。

Pixio PX7 Prime

価格

49,980円

スペック

表示する

・サイズ:27型(2,560×1,440ドット)
・パネル:広色域IPSパネル
・最大リフレッシュレート:165Hz
・輝度:400cd
・応答速度:4ms(GTG)
・95%のDCI-P3カバー率(100%のsRGBカバー率)
・色深度:10ビット
※詳細は商品ページをご確認ください。

紹介

プロフェッショナル向けクラスのパネルが魅力の製品です。

1ランク上の165Hz駆動にも対応したハイエンドモデルです。

まとめ

冒頭でご紹介した通り、高性能&高品質&低価格と三拍子揃った素晴らしい製品でした♪

この性能でこれ以上安い製品は多分見つかりません...。

1年間のメーカー保証があり、サポートも充実しているため安心してお買い求め頂けます。

低価格でハイスペックなゲーミングディスプレイをお探しの方にオススメです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

(提供:株式会社KODAWARI)