ですとぴあ*の研究所

100%趣味で書かれたブログです☆

【最新版】予算に合わせて選ぼう!オススメのPCスピーカーを厳選してご紹介!!

最近まで、内蔵スピーカーを使っていたのですが、やはりスピーカーがあるのとないのでは全然違いますね!!

安い製品でも、効果は十分にあります。

今回は、"コスパ重視"と"音質重視"モデルの2つに分けて紹介していこうと思います!

LOGICOOL Z120BW (コスパ重視モデル)

価格

約1.500円

スペック

表示する

仕様:2ch USBスピーカー
入力端子:3.5mmステレオミニジャック x1
出力:0.6W+0.6W
外形寸法:重量:(幅)88mm x (奥行)90mm x (高)110mm / 248g
電源:USB

製品紹介

絶大な人気と評価を誇り、価格以上の音を鳴らしてくれるコスパ最高の製品!

「内蔵スピーカーじゃ物足りない」「手軽に音質をアップさせたい」という方にお勧めです!

USBから給電するためコンセント要らずで、スペースも取らないので便利です。

JBL Pebbles (コスパ重視モデル)

価格

約5.000円

スペック

表示する

音声入力:USBコネクタ×1、外部入力(3.5mmステレオ ミニジャック)×1
使用ユニット:50mm径フルレンジドライバー×2
周波数特性:70Hz ~ 20kHz
音声フォーマット:リニアPC(48khz/16bit)
電源:USB 2.5W
サイズ:幅78mm、奥行150mm 高さ132mm
重量:1kg
付属品:オーディオケーブル(45cm)×1

製品紹介

USBと3.5mmの2つから音声入力が出来るので、パソコン以外にもスマホやオーディオプレーヤーと接続することも可能となっています。(USBは給電も兼ねています)

また、電源スイッチが音量調節用のダイヤルにもなっています。

音質, デザイン共に良く、横置きも可能な優秀な製品です!

Bose Companion 2 Series III (音質重視モデル)

価格

約12.000円

スペック

表示する

電源電圧::AC 100V-240V、50/60 Hz (専用電源アダプター使用)
本体外形寸法:80(W) x 190(H) x 150(D)mm
本体質量:R側(アンプ内蔵) 0.815kg / L側 0.79kg (スピーカーケーブル1.8m含む)
外部音声入力:3.5mmステレオミニジャック x 2
ヘッドホン出力:3.5mmステレオミニジャック x 1
最大消費電力:22W
防磁対応:非防磁
付属品:専用電源アダプター、他国用電源プラグ x 4、オーディオ入力ケーブル(1.1m)

製品紹介

BOSEといえば迫力のある重低音!ということで、この価格帯ではトップクラスの低音を鳴らしてくれる品質の高い製品です。

筆者も本製品を2年以上PCスピーカーとして愛用しています♪

FOSTEX PM0.3H(B) (音質重視モデル)

価格

約8.100円

スペック

表示する

エンクロージャー方式:リアバスレフ方式

再生周波数帯域:110Hz〜20kHz

定格出力:15W+15W

消費電力:12W(スタンバイ時0.5W以下)

入力: RCAピンジャック,ステレオミニジャック

外形寸法:100(W)×185(H)×130(D) mm

製品紹介

中高音の良さは今回紹介する製品のなかでは最も良く、ハイレゾにも対応しています!

また、同社製のサブウーハーと併用する事でかなり本格的なオーディオ環境を整える事ができます♪

 

Razer Leviathan (音質重視モデル)

価格

約23.000円

スペック

表示する

合計電力出力 : 30W (15W x 2RMS)
フルレンジドライバ : 2 x 2.5” / 63.5mm
ツイータードライバ : 2 x 0.74” / 19 mm
インピーダンス : 8Ω
周波数応答レート : 180Hz – 20KHz
概算重量 : 4.4lbs / 2Kg


サブウーハー
タイプ : パッシブ
合計電力出力 : 30W RMS
フルレンジドライバ : 5.25” / 133mm
インピーダンス : 4Ù
周波数応答レート : 20Hz – 180Hz
概算重量 : 5.1lbs / 2.35Kg

製品紹介

今回ご紹介する製品の中で唯一のサウンドバー!

「Razer」はゲーミングデバイスを作っているメーカーで、本製品もゲームで最高の音を鳴らしてくれます。

もちろん、音楽や映画鑑賞も大迫力の音で楽しめます♪

また、Bluetooth接続やテレビへの接続も可能となっております!

 

まとめ

どれも値段以上に価値があり、評価も高い製品ですので買って後悔はしないと思います♪

スピーカー選びの参考になっていれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。